どせいたんさき。

ナスダヨー

エイリアスを張っておいたからといって気を抜かないこと

/usr/local/bin に altrm というスクリプトを作成.ゴミ箱フォルダに飛ばされるように設定する. .bashrcでエイリアスを張って完了.

先日のエントリでまちがえて rm してしまわないようにとエイリアスを張っておいたのだけど,決してこれで安心してはならない.上書き保存や mv によって塗りつぶしてしまうこともあるし,他のプログラミングなりスクリプトの中で rm とか unlink とかやってしまうとエイリアスはうまく働いてくれない.

また,端末でも次の場合はエイリアスが無効だということを忘れてはならない...

ls *.hoge | xargs rm

xargsfind などと合わせてつかうととても強力なプログラムなのだけど,ここで rm を実行した場合はエイリアスを張った関数ではなくてもともとの rm になるので気をつけること*1

*1:ちゃんとバージョン管理するのがいちばんかもしれない