どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


新年を花火銀河 (Fireworks Galaxy) とともに祝おうじゃないか!高く遥か彼方のケフェウス座 (Cepheus) の方角にあり,NGC 6946 としても知られる巨大で美しいこの渦巻銀河はちょうど 1000 万光年の距離にあり,前景にあるダストや星たちのヴェールに覆われている.天の川銀河という絶好の地点からでは,NGC 6946 はちょうど面をこちら側に向けた状態で見ることができる.このカラフルな天体写真には,中心付近に存在する古い星たちによる黄色がかった色から,緩やかに分かれたうずまき腕に沿って若くて青い星団と赤い星形成領域へと銀河の色が変化する様子が描かれている.NGC 6946 は赤外線にて明るく輝いておりガスやダストに富んでいる.NGC 6946 ではとんでもない勢いで星が形成されている.ほぼ 4 万光年の大きさを持つこの銀河はその見た目にふさわしく花火銀河と呼ばれている.ここ 100 年間で少なくとも 9 つの超新星爆発,すなわち大質量星の最期が NGC 6946 において観測されている.対して銀河系での超新星爆発の平均的な頻度は一世紀に 1 回程度である.

  • Celebrate the New Year with the Fireworks Galaxy! Also known as NGC 6946, the big, beautiful spiral galaxy is located just 10 million light-years away, behind a veil of foreground dust and stars in the high and far-off constellation of Cepheus. From our vantage point in the Milky Way Galaxy, we see NGC 6946 face-on. In this colorful cosmic portrait, the galaxy's colors change from the yellowish light of old stars in the core to young blue star clusters and reddish star forming regions along the loose, fragmented spiral arms. NGC 6946 is bright in infrared light and rich in gas and dust, exhibiting a furious rate of star formation. Nearly 40,000 light-years across, the nearby spiral is fittingly referred to as the Fireworks Galaxy. Over the last 100 years, at least nine supernovae, the death explosions of massive stars, were discovered in NGC 6946. By comparison, the average rate for supernovae in the Milky Way is about 1 per century.

(画像はリンク先を参照)