どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


もし,オリオン座を見つけられるなら冬の大六角形も見つけられるだろう.冬の大六角形は肉眼で見える明るい星々のいくつかからなっており,それらを合わせて北半球の冬空に巨大で容易に発見可能な模様を形成している.大六角形に含まれている星たちは大都市の明るい夜空でもたいていは認識出来る.だが,ここはアメリカ,コロラド州のステージコーチでは夜空は十分に暗い.冬の大六角形を形成する星たちはアルデバラン (Aldebaran) ,カペラ (Capella) ,キャスター (Castor) (とポロックス (Pollux)) ,プロキオン (Procyon) ,リゲル (Rigel) ,そして最後はシリウス (Sirius) である.この写真では,天の川銀河の帯が冬の大六角形の中心を横切っている.その一方では,プレアデス散開星団が六角形のすぐ上に位置している.冬の大六角形はいくつかの星座の上に跨っている.踏み石の象徴であるオリオン座の大部分もその内部に含まれている.

  • If you can find Orion, you might be able to find the Winter Hexagon. The Winter Hexagon involves some of the brightest stars visible, together forming a large and easily found pattern in the winter sky of Earth's northern hemisphere. The stars involved can usually be identified even in the bright night skies of a big city, although here they appear over darker Stagecoach, Colorado, USA.. The six stars that compose the Winter Hexagon are Aldebaran, Capella, Castor (and Pollux), Procyon, Rigel, and Sirius. Here, the band of our Milky Way Galaxy runs through the center of the Winter Hexagon, while the Pleiades open star cluster is visible just above. The Winter Hexagon asterism engulfs several constellations including much of the iconic steppingstone Orion.

(画像はリンク先を参照)