どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

1 月 4 日の部分日蝕のことである.ヨーロッパに住む多くの人々は太陽と新月が同時に昇ってくる光景を目にした.新年になるやいなや訪れたこの日蝕は 2011 年に起こる 4 回(!)の部分日蝕の最初の 1 回である.この合成写真は,オーストリアグラーツの色鮮やかな朝焼けのもとに起こった美しい天体現象を記録している.写真は,日蝕の位置と状況を記録するため,夜明け前から 15 分ごとに撮影されている.東の地平線から太陽と月が昇るとともに,名所である時計台の下に広がるグラーツの街が,一部分だけ新月に隠された太陽のあたたかい光に満たされる様子が映しだされている.

  • For many Europeans, the Sun and New Moon rose together on January 4 in a partial solar eclipse. Arriving close on the heels of the new year, it was the first of a series of four(!) partial solar eclipses due in 2011. This composite image documents the graceful celestial event in colorful morning skies over Graz, Austria. Beginning before sunrise, frames were taken to record the position and progress of the eclipse every 15 minutes. As Sun and Moon rose above the eastern horizon, the town of Graz is seen bathed in warming sunlight only partially blocked by the New Moon, spreading beneath the town's landmark clock tower.

(写真はリンク先を参照)