どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

1 月 4 日に起きた部分日蝕の話をしよう.中央・北アジアから観測した場合,太陽と新月は同時に沈んでいった.ほぼ最大期の蝕を迎えた太陽が真冬の景色の中まさに沈もうとしている瞬間を捉えたこの写真は,ロシア,シベリアにあるノヴォシビルスク州にほど近いオビ川の土手から撮られたものである.雪に覆われた凍土の果てにある西の地平線に向けられたこの写真は,霞みゆく光のなかで印象的な光景を映し出している.太陽と月がおりなす部分蝕とともに,工場の噴煙と飛行機雲が薄暗く照らされた空に浮かんでいる.

  • Seen from central and northern Asia, the Sun and New Moon set together on January 4, in a partial solar eclipse. Close to its maximum phase, the eclipse is captured near the moment of sunset in this wintry scene from the bank of the Berd River near Novosibirsk, Siberia, Russia. An evocative view in fading light, the picture looks toward the western horizon across a snowy, frozen landscape. Along with offset Sun and Moon, the dimmly lit sky includes an industrial smoke plume and airplane contrail.

(写真はリンク先を参照)