どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

地球からたった 700 光年(約 6,600 兆 km),みずがめ座の領域で太陽と似た星が生涯を終えようとしている.その最後の数千年において Helix Nebula (NGC 7293) が誕生した.星の進化の最終段階として典型的な惑星状星雲のなかでも近傍に位置し精力的に研究が行われた天体である.とても鮮明に映し出された惑星状星雲の写真は,合計 10 時間の露出を経て得られたものだ.Helix Nebula の明るい内側の領域はおよそ 3 光年ほどの空間に広がっており,その詳細な構造をこの写真に見ることができる.だが,薄ぼんやりとした後光のような(ハロー)成分もその周りに広がっている.これらを含めると Helix Nebula の大きさは優に 6 光年を超える.Helix Nebula の中心に打たれた白い点は,この惑星状星雲がもつ高温な中心星である.ぱっと見たところ単純な構造を指定そうな Helix Nebula であるが,現在では驚くほど複雑な構造を持っていることが分かってきた.

  • A mere seven hundred light years from Earth, in the constellation Aquarius, a sun-like star is dying. Its last few thousand years have produced the Helix Nebula (NGC 7293), a well studied and nearby example of a Planetary Nebula, typical of this final phase of stellar evolution. A total of 10 hours of exposure time have gone in to creating this remarkably deep view of the nebula. It shows details of the Helix's brighter inner region, about 3 light-years across, but also follows fainter outer halo features that give the nebula a span of well over six light-years. The white dot at the Helix's center is this Planetary Nebula's hot, central star. A simple looking nebula at first glance, the Helix is now understood to have a surprisingly complex geometry.

(画像はリンク先を参照)