どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

これは一体なんだろうか.この物体は海の底に沈んでいた古代ギリシャの船の中から発見されたものだ.いくつかの機能はまだ解明されていないが,複雑そうな外見から長年研究おこなわれてきた.近年, X 線解析によってこの装置(アンティキティラ島の機械)の本来の姿が確かなものとなり,同時にこの機会が持つ驚くべき機能が明らかになった.アンティキティラ島の機械は,運搬していた船が沈んだとされる紀元前 80 年では不可能であると考えられるほどの精度を持った,機械式コンピュータであることが判明した.もう 1,000 年後であっても,これほど洗練された技術が人類に発明されるとは考えられていなかった.この装置の歯車は小型の太陽系儀を構成しており,星や惑星の位置にくわえて月と太陽の触まで予言することができた.写真に示されたアンティキティラ島の機械は高さ 33 cm 程で大判の本とほぼ変わらない大きさだ.

  • What is it? It was found at the bottom of the sea aboard an ancient Greek ship. Its seeming complexity has prompted decades of study, although some of its functions remained unknown. Recent X-rays of the device have now confirmed the nature of the Antikythera mechanism, and discovered several surprising functions. The Antikythera mechanism has been discovered to be a mechanical computer of an accuracy thought impossible in 80 BC, when the ship that carried it sunk. Such sophisticated technology was not thought to be developed by humanity for another 1,000 years. Its wheels and gears create a portable orrery of the sky that predicted star and planet locations as well as lunar and solar eclipses. The Antikythera mechanism, shown above, is 33 centimeters high and similar in size to a large book.

(写真はリンク先を参照)