どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

太陽に何が起こったというのか?時に太陽はまるで巨大なレンズを通したかのように見えることがある.しかしながら,上に挙げた写真の例では実際に無数のレンズが存在している.すなわち氷晶である.大気の上層で水が凍りつくと,小さく,平坦で,六角形をした氷の結晶が形成される.このような結晶がひらひらと舞い降りてくると,平らな面を地面と並行にしながらゆっくりと時間をかけて落ちてくることになる.空を見上げた人は,日の出や日の入りのそばでそのような氷の平面を舞い降りてくる氷晶の数と同じだけ見つけるかもしれない.氷晶がこのような配置にあると,氷晶はそれぞれ小型のレンズのような機能を持ち,陽の光を屈折して幻日 (parhelion) といったような現象を引き起こすことがある.いわゆる sundog(ニセモノの太陽)である.写真は昨年スウェーデンストックホルムで撮られたものだ.写真のちょうど中央に見えるものが太陽,それにたいして 2 つの明るい“ニセモノ”が左右にはっきりと輝いている.写真には明るく輝く離角 22 度のハローも見ることができる.より希薄でぼんやりとした 46 度のハローも同様に見ることができる.これらは陽の光が大気中の氷晶に反射することによって形成されている.

  • What's happened to the Sun? Sometimes it looks like the Sun is being viewed through a large lens. In the above case, however, there are actually millions of lenses: ice crystals. As water freezes in the upper atmosphere, small, flat, six-sided, ice crystals might be formed. As these crystals flutter to the ground, much time is spent with their faces flat, parallel to the ground. An observer may pass through the same plane as many of the falling ice crystals near sunrise or sunset. During this alignment, each crystal can act like a miniature lens, refracting sunlight into our view and creating phenomena like parhelia, the technical term for sundogs. The above image was taken last year in Stockholm, Sweden. Visible in the image center is the Sun, while two bright sundogs glow prominently from both the left and the right. Also visible is the bright 22 degree halo -- as well as the rarer and much fainter 46 degree halo -- also created by sunlight reflecting off of atmospheric ice crystals.

(画像はリンク先を参照)