どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

この画像に写っている天体は,私たちの銀河の近傍を見渡してみても,最も大きく最も複雑な星形成領域である.銀河系銀河 (Milky Way) の周りを回る伴銀河の 1 つである大マゼラン雲に位置するこの領域は,その蜘蛛の巣のような形状から通称タランチュラ星雲と呼ばれている.とはいえこちらのタランチュラはおよそ 1000 光年 (9.4 千兆 km) にも渡る大きさである.もしも,地球から最も近い星形成領域であるオリオン星雲(地球からは 1,500 光年ほどの距離)と同じ位置にタランチュラがいたら,全天のうちおよそ 30 度にわたって広がって見えるだろう.これは満月の 60 個分に相当する.擬似カラーで描かれた画像にはタランチュラの面白い詳細構造を見ることができる.ひょろひょろっと伸びたタランチュラの足が NGC 2070 と呼ばれる星団を取り囲んでいる様子を画像の中央から少し右に見ることができる.この星団にはこれまで知られているものの中でも最も明るく最も重たい星々が含まれている.重たい星は寿命が短くあっというまにその生涯を終えてしまう.そのため,タランチュラ星雲のすぐ近くで近年超新星爆発 (SN 1987A) が起こっているのもそう不思議なことではない.

  • It is the largest and most complex star forming region in the entire galactic neighborhood. Located in the Large Magellanic Cloud, a small satellite galaxy orbiting our Milky Way galaxy, the region's spidery appearance is responsible for its popular name, the Tarantula nebula. This tarantula, however, is about 1,000 light-years across. Were it placed at the distance of Milky Way's Orion Nebula, only 1,500 light-years distant and the nearest stellar nursery to Earth, it would appear to cover about 30 degrees (60 full moons) on the sky. Intriguing details of the nebula are visible in the above image shown in scientific colors. The spindly arms of the Tarantula nebula surround NGC 2070, a star cluster that contains some of the brightest, most massive stars known, visible in blue on the right. Since massive stars live fast and die young, it is not so surprising that the cosmic Tarantula also lies near the site of the closest recent supernova.

(写真はリンク先を参照)