どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

しし座の方角にはたった 3,500 万光年の距離に美しい渦巻き銀河である NGC 3521 が存在している.およそ 5 万光年に広がっている銀河の中心部分を上記の画像に見ることができる.この画像はハッブル望遠鏡が提供しているアーカイブ画像 (Hubble Legacy Archive) をもとに加工されたものだ.詳細に見てみると,この銀河に特徴的なぼこぼことした構造を持つ渦巻きの腕が,ダスト雲や若くて青い星の集団に縁どられている様子がよく分かる.他の渦巻き銀河に多く見られる大きく弧を描いた渦巻き腕とは実に対照的である.全天の中でも比較的明るい銀河であるため,NGC 3521 は小さな望遠鏡でも簡単に見ることができる.しかしながら,しし座に属する M66 や M65 といった銀河のほうが人気が高いためアマチュア天文学者からは見過ごされがちである.

  • Gorgeous spiral galaxy NGC 3521 is a mere 35 million light-years distant, toward the constellation Leo. Spanning some 50,000 light-years, its central region is shown in this dramatic image, constructed from data drawn from the Hubble Legacy Archive. The close-up view highlights this galaxy's characteristic multiple, patchy, irregular spiral arms laced with dust and clusters of young, blue stars. In constrast, many other spirals exhibit grand, sweeping arms. A relatively bright galaxy in planet Earth's sky, NGC 3521 is easily visible in small telescopes, but often overlooked by amateur imagers in favor of other Leo spiral galaxies, like M66 and M65.

(画像はリンク先を参照)