どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

しぶんぎ座流星群 (Quadrantid) は北半球に住む天文屋にとって一年に一度のイベントだ.この流星群はたいてい 1 月 4 日のまだ寒い早朝に僅かな時間だけピークを迎える.流星群の名前は星が降ってくる方角にかつて存在していたしぶんぎ座 (Quadrans Muralis) という星座にちなんでつけられたものだ.現在ではその位置はヘラクロス座 (Hercules) とうしかい座 (Bootes) とりゅう座 (Draco) の境界にあたる.この長時間露光によって撮影された写真には, 2 つの流星が空に昇ってきたおとめ座 (Virgo) とカラス座 (Corvus) の星々がつくる軌跡 (star trail) を横切って走る様子が捉えられている.なお,もっとも明るい軌跡 (trail) は土星によるものだ.流星の軌跡は明るいものと暗いものがそれぞれひとつずつ,写真の中央から右上の位置にほぼ平行に走っている.手前に見えるのは古代の貯水池と思われる構造物でヘカトンピュロスの街が眠る遺跡の上に横たわっている.ヘカトンピュロスは『多くの門を持つ都市』として知られており 2,300 年ほど昔に古代ペルシャ帝国によって建立された.

  • The Quadrantid Meteor Shower is an annual event for planet Earth's northern hemisphere skygazers. It usually peaks briefly in the cold, early morning hours of January 4. The shower is named for its radiant point on the sky within the old, astronomically obsolete constellation Quadrans Muralis. That position is situated near the boundaries of the modern constellations Hercules, Bootes, and Draco. In this haunting time exposure, two quadrantid meteor streaks are captured crossing trails left by rising stars of the constellations Virgo and Corvus, but Saturn leaves the brightest "star" trail. The meteor streaks, one bright and one faint, are nearly parallel above and right of center in the frame. Fittingly, the old cistern structure in the foreground lies above the now buried city of Qumis. Known as a city of many gates, Qumis (in Greek history Hecatompylos), was founded 2300 years ago in ancient Persia.

(画像はリンク先を参照)