どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

世界の果てに行ってまで皆既日食を見てやろうという行動についてあなたはどう思うだろうか?同意する?なら,それをすでにやってしまった人がいると知ったら驚くだろうか? 2003 年に南極で起きた皆既日食のことである.太陽,月,南極大陸,そして 2 人の写真家が一直線に並んだ.太陽が月の裏側に完全に隠れてしまう夢のような一瞬を目のあたりにするために,このような過酷な環境にもかかわらず,熱狂的な日食ハンターたちは世界の底である南極大陸への冒険に乗り出した.そこで手に入れた財宝の 1 つが上に掲げられた写真である.この画像はもとは別々に撮られた 4 枚の画像を人間の目に映るものとおなじになるように加工することによって得られたものである.この写真が撮られるに際して,月と太陽は南極大陸の縁の上でともにやせ細っていった.突如世界は暗転し,堂々たる太陽コロナが月の周りに輝き始めた.偶然にも写真のうちの 1 枚にもう一人のカメラマンがヴィデオカメラをいじっている姿が写っていた.彼の左手には機材が詰め込まれたバッグと折りたたみ式の椅子が映っている.

  • Would you go to the end of the world to see a total eclipse of the Sun? If you did, would you be surprised to find someone else there already? In 2003, the Sun, the Moon, Antarctica, and two photographers all lined up in Antarctica during an unusual total solar eclipse. Even given the extreme location, a group of enthusiastic eclipse chasers ventured near the bottom of the world to experience the surreal momentary disappearance of the Sun behind the Moon. One of the treasures collected was the above picture -- a composite of four separate images digitally combined to realistically simulate how the adaptive human eye saw the eclipse. As the image was taken, both the Moon and the Sun peaked together over an Antarctic ridge. In the sudden darkness, the magnificent corona of the Sun became visible around the Moon. Quite by accident, another photographer was caught in one of the images checking his video camera. Visible to his left are an equipment bag and a collapsible chair.

(写真はリンク先を参照)