どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

球状星団きょしちょう座 47 は南天に浮かぶ宝石である.NGC 104 としても知られるこの星団は 200 個ほどの他の球状星団と共に銀河系のハロー (halo) を放浪している.観測されるうちではオメガ・センタウリについで 2 番目に明るい球状星団であり,地球からはおよそ 1 万 3000 年光年離れた位置に存在している.肉眼でも同じくきょしちょう座に属する小マゼラン雲のそばにあることを確認できる.数百万個の星々が 120 光年ほどの距離に密集することでこのような密な集団が形成されている.天体望遠鏡によって取得されたこの鮮明な写真では,星団の外縁部に存在する赤色巨星 (Red Giant) をやや黄色がかった星として簡単に見つけることができる.また,きょしちょう座 47 は特殊な X 線連星が存在しているということでも有名な天体である.

  • Globular star cluster 47 Tucanae is a jewel of the southern sky. Also known as NGC 104, it roams the halo of our Milky Way Galaxy along with some 200 other globular star clusters. The second brightest globular cluster (after Omega Centauri) as seen from planet Earth, it lies about 13,000 light-years away and can be spotted naked-eye near the Small Magellanic Cloud in the constellation of the Toucan. The dense cluster is made up of several million stars in a volume only about 120 light-years across. Red giant stars on the outskirts of the cluster are easy to pick out as yellowish stars in this sharp telescopic portrait. Globular cluster 47 Tuc is also home to exotic x-ray binary star systems.

(画像はリンク先を参照)