どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


なんだろうこれは.新しい惑星でも見つかったというのか?いやいや,これは,もちろん地球にある,ギリシャのスーニオン岬を 24 時間に渡ってぐるっと取り囲んで撮影したモザイク写真だ.夜に撮影された写真は画像の上半分に配置されている.星の軌跡が 11 時間に渡って見えているのを確認できる.反対に,日中に撮られた写真は画像の下半分に配置されている.太陽が 15 分感覚で撮影されている様子を見て取ることができるだろう.画像の中心には地面を中心にして広角射影された小さな王子の星が置かれている.砂利道や原っぱ,木々,聖ジョン教会,雲,薄明光線,そして写真家のサインであるポセイドンの社が星を構成している.綿密な計画を立て,そして様々な変化を捉えた写真をプロフェッショナルな技術によってデジタル合成することによって,昨年の最後の 2 日間を記録したこの作品が完成することとなった.

  • Has a new planet been discovered? What is pictured above is a remarkable 24 hour mosaic surrounding a spot on Sounio, Greece, right here on planet Earth. Images taken at night compose the top half of the picture, with star trails lasting as long as 11 hours visible. Contrastingly, images taken during the day compose the bottom of the image, with the Sun being captured once every 15 minutes. The image center shows a Little Prince wide angle projection centered on the ground but including gravel, grass, trees, Saint John's church, clouds, crepuscular rays, and even a signature icon of the photographer -- the Temple of Poseidon. Meticulous planning as well as several transition shots and expert digital processing eventually culminated in this image documenting half of the final two days of last year.

(写真はリンク先を参照)