どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

銀河はどんなふうに育ってきただろうか?一般的な銀河とはすこぶる違い,この銀河が華やぐには水が必要である.上に写真で示されたこの銀河はアメリカ,ハワイ州のコナにある Paleaku Peace Gardens Sanctuary で見ることができる.およそ 30 メートルほどの距離に渡って綿密に計画された庭園は,私たちの天の川銀河 (Milky Way Galaxy) の簡単な地図を形成している.さまざまな植物がそれぞれ星や球状星団,そして星雲を模している.太陽を示す場所を囲むようにして葉っぱの上に記されているのは夜空に輝く明るい星々である.植え込みは太陽系が存在するオリオン座 (Orion) の腕や,堂々と輝く射手座 (Sagittarius) の腕,そして少し控えめな定規座の腕などといった銀河の腕を再現するように並べられている.銀河の中心を横切る短い棒状の構造も見ることができる.また,中心にある泉は銀河中心のブラックホールを模すために作られたものだ.ああ,なんて素晴らしい (stellar) "スペース"の使い方なんだろうか!

  • How does your galaxy grow? Quite contrary to a typical galaxy, this one needs water to flourish. Pictured above as it appears at the Paleaku Peace Gardens Sanctuary in Kona, Hawaii, USA, a meticulously planned garden spanning about 30 meters provides a relatively accurate map of our Milky Way Galaxy. Different plants depict stars, globular clusters, and even nebulas. Many bright stars visible in Earth's night sky are depicted on leaves surrounding the marked location of the Sun. Plant rows were placed to represent arms of our Galaxy, including the Sun's Orion Arm, the impressive Sagittarius Arm, and the little discussed Norma Arm. A small bar runs through our Galaxy's center, while a fountain has been built to represent represents the central black hole. What a stellar use of space!

(写真はリンク先を参照)