どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


昨年の終わりごろ,際立って活発な嵐が土星の北半球に新しく出現した.夜明け前の空に環を携えたガス惑星が昇りつつあった 12 月の初旬,この嵐はアマチュア天文学者によって初めて発見された.土星を周回しているカッシーニ宇宙探査船は 12 月 24 日,この複雑な大乱流の様子を 180 万キロの距離から詳細に記録することに成功した.時が経つにつれて嵐は進化を続け経度方向に大きく広がった.現在では惑星を覆うほどにまで広がっている.写真には土星の薄い環も視野を薄く横切るように存在しており,土星の南半球にはそれによって大きな影が投げかけられている様子を確認することができる.

  • Late last year, a new, remarkably bright storm erupted in Saturn's northern hemisphere. Amateur astronomers first spotted it in early December, with the ringed gas giant rising in planet Earth's predawn sky. Orbiting Saturn, the Cassini spacecraft was able to record this close-up of the complex disturbance from a distance of 1.8 million kilometers on December 24th. Over time, the storm has evolved, spreading substantially in longitude, and now stretches far around the planet. Saturn's thin rings are also seen slicing across this space-based view, casting broad shadows on the planet's southern hemisphere.

(画像はリンク先を参照)