どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


大きく,そして美しいアンドロメダ銀河 (Andromeda Galaxy) は太陽系からたった 250 万光年の距離にある渦巻き銀河であり,またの名を M31 という.可視光線の外側で観測を行う 2 台の宇宙望遠鏡が協働することによって,このアンドロメダ銀河の興味深い合成画像がつくられた.この目を見張る光景はアンドロメダ銀河において "かつて星であったもの" そして "これから星となるもの" の分布を表している.赤みがかった色で表されているのはハーシェル赤外線宇宙望遠鏡によって得られた画像データであり,アンドロメダ銀河の渦巻き腕にそって掃くように分布しながら星によって温められた星間ダストの巨大なレーン構造を再現している.ダストは銀河の星間ガスと共に分布しており,次世代の星を形成するための材料となっている. XMM-ニュートン宇宙望遠鏡によって得られた X 線の画像は青色で表されており,アンドロメダ銀河における X 線連星系の場所を示している.X 線連星系とは中性子星ブラックホールからなると考えられており,これらは星の進化における最終段階を意味している.私たちの天の川銀河 (Milky Way) の 2 倍以上の大きさを持つアンドロメダ銀河は 20 万光年以上の距離に渡って広がっている.

  • The big, beautiful Andromeda Galaxy, aka M31, is a spiral galaxy a mere 2.5 million light-years away. Two space-based observatories have combined to produce this intriguing composite image of Andromeda, at wavelengths outside the visible spectrum. The remarkable view follows the locations of this galaxy's once and future stars. In reddish hues, image data from the large Herschel infrared observatory traces enormous lanes of dust, warmed by stars, sweeping along Andromeda's spiral arms. The dust, in conjunction with the galaxy's interstellar gas, comprises the raw material for future star formation. X-ray data from the XMM-Newton observatory in blue pinpoint Andromeda's X-ray binary star systems. These systems likely contain neutron stars or stellar mass black holes that represent final stages in stellar evolution. More than twice the size of our own Milky Way, the Andromeda Galaxy is over 200,000 light-years across.

(写真はリンク先を参照)