どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


アルニタク,アルニラム,そしてミンタカはこのきらびやかな宇宙空間の対角線上に,東から西へと (左から右へと) 並んだ青みをおびて明るく輝く星たちである.またの名を "オリオンのベルト" といい,この 3 つの青色超巨星 (blue supergiant star) は太陽よりも高い温度とでありはるかに大きな質量を持っている.この星たちは地球からおよそ 1500 光年の距離にあり,オリオン座にあるよく知られた星間ガス雲から誕生した.この領域を漂っているガスやダストのかたまりはとても興味深くどこか親しみ深いような形状をしている.例えば,画像の左下ほどのアルニタクの近くには馬頭星雲 (Horsehead Nebula) や炎星雲 (Flame Nebula) などが存在している.有名なオリオン星雲本体は,画像の下の方,ちょうど色鮮やかな星々が散りばめられている領域に存在している.この画像は昨年の 12 月に改造したデジタル一眼 (SLR: single-lens reflex) と小型の望遠鏡によって撮影された. 2 枚の画像を注意深く重ねあわせることによって,角度にしておよそ 4 度の空を撮影することに成功している.

  • Alnitak, Alnilam, and Mintaka, are the bright bluish stars from east to west (left to right) along the diagonal in this gorgeous cosmic vista. Otherwise known as the Belt of Orion, these three blue supergiant stars are hotter and much more massive than the Sun. They lie about 1,500 light-years away, born of Orion's well-studied interstellar clouds. In fact, clouds of gas and dust adrift in this region have intriguing and some surprisingly familiar shapes, including the dark Horsehead Nebula and Flame Nebula near Alnitak at the lower left. The famous Orion Nebula itself lies off the bottom of this colorful star field. Recorded last December with a modified digital SLR camera and small telescope, the well-planned, two frame mosaic spans about 4 degrees on the sky.

(画像はリンク先を参照)