どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


この美しい宇宙空間の中央に位置しているのは NGC 660 と呼ばれる天体であり,うお座 (Pisces) が示す領域の境界あたりを漂っている.この銀河は地球から 2000 万光年以上離れた位置にあり,その特徴的な形状から極リング銀河 (polar ring galaxy) とも呼ばれている.極リング銀河は珍しいタイプの銀河であり,かなりの量の星,ガス,星間ダストが銀河面ディスクとほぼ垂直な軌道を持って周回している.この奇妙な形状は,近くを通りかかった銀河から物質をたまたま奪いとってしまい,物質が周回するリング状に引き出されることによって形成されたのではないかと考えられている.極リング銀河の銀河部分は普通なら見ることができない暗黒物質ハロー (dark matter halo) の分布を調べるために使うことができる.暗黒物質の持つ重力がリングや銀河面ディスクに与える影響を調べることで暗黒物質の分布を調べることができるのである.銀河面ディスクよりも厚い構造を持つ NGC 660 のリング構造はおよそ 4 万光年に渡って広がっている.

  • NGC 660 lies near the center of this intriguing skyscape, swimming in the boundaries of the constellation Pisces. Over 20 million light-years away, its peculiar appearance marks it as a polar ring galaxy. A rare galaxy type, polar ring galaxies have a substantial population of stars, gas, and dust orbiting in rings nearly perpendicular to the plane of the galactic disk. The bizarre configuration could have been caused by the chance capture of material from a passing galaxy by the disk galaxy, with the captured debris strung out in a rotating ring. The polar ring component can be used to explore the shape of the galaxy's otherwise unseen dark matter halo by calculating the dark matter's gravitational influence on the rotation of the ring and disk. Broader than the disk, NGC 660's ring spans about 40,000 light-years.

(写真はリンク先を参照)