どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


1992 年に現れたピークスキル隕石は 16 台のビデオカメラで撮影され,最終的に車に激突した.満月よりも明るかったと記録されており,目を見張るような火球は合衆国のいくつかの州を横切りながら 40 秒ほど自らを誇示した後ニューヨークに落ちた.アメリカ合衆国ペンシルベニア州,ジョンズタウンにて高校生たちがサッカーの試合をしている真上を火球が通りすぎていく様子を記録した映像が上に示されている.隕石が落ちてきた結果どうなったかはこちらのリンク先に示してある.高密度の岩石によって形成されており,とてつもなく重いボーリングの球(リンク先の動画を参照)のような大きさと重さを持っていた.もし,あなたが幸運にも落下直後の隕石を見つけたとしても,ふと手にとってみたりしてはいけない ― 隕石の一部がものすごく熱かったり冷たかったりするかもしれない.コンピュータが発達した現在では,このような隕石がどこからやってきてどこに落ちるのかを辿ることは比較的容易くなってきた.しかし,隕石が落ちてきたときに記録したと思われる監視カメラの写真や映像の多くは保存されずに消されてしまっている.48 時間以内に新しく出現した隕石の写真や動画から位置を特定することで隕石の研究に貢献したければ,ぜひこの Web サイトに登録して欲しい.

  • The Peekskill meteor of 1992 was captured on 16 independent videos and then struck a car. Documented as brighter than the full Moon, the spectacular fireball crossed parts of several USA states during its 40 seconds of glory before landing in New York. A video of the fireball beyond a high school football game in Johnstown, Pennsylvania, USA, is pictured above. The resulting meteorite is imaged here, and was found to be composed of dense rock and has the size and mass of an extremely heavy bowling ball. If you are lucky enough to find a meteorite just after impact, do not pick it up -- parts of it are likely to be either very hot or very cold. Tracking meteors origins and destinations might be easier in this modern digital age, but many security cameras videos that likely caught a bright fireball are not preserved. If you would like to volunteer to help meteor science by locating images and videos of newly occurring fireballs within 48 hours after they occur, here is a place to sign up.

(動画はリンク先を参照)