どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


さて,この "月" のどこに着地しようか?上に掲げられた "月" の画像は地球のものではない,火星にもっとも近い衛星,フォボスだ.フォボスはあまりにも火星に近づきすぎているため,この 1 億年の間に分解して火星に激突してしまうだろうと考えられている.ちょうど今年のはじめ,フォボスの南極点にあたる部分をカヴァーした詳細な画像が欧州宇宙機関 (European Space Agency, ESA) のマーズエクスプレス計画によって取得された.不自然なまでに黒ずんだ小さな "月" の表面には,綺麗な円形をした数多くのクレータや,数珠状に連なったクレータ,奇妙な筋状の構造などを見ることができる.巨大なステイクニークレータ (Large Stickney Crater) は写真の右端付近にその大きな姿を轟かせており,昨年取得された北極点から撮影された画像にも見ることができる.フォボスを捉えたこれらの画像は非常に細かな部分まで映しだしており,差し渡し 10 メートルの構造でさえ認識することができる.そのため,これらの画像はこれから行われるフォボス着陸計画 (Phobos-Grunt mission) の着陸予定地の候補を探るために役立っている.ロシアが計画しているフォボス着陸用無人宇宙探査機は今年の末にフォボスに向けて打ち上げられ,2014 年にはフォボス表面のサンプルを取得して帰還する予定である.

  • Where on this moon would you land? The moon pictured above is not Earth's moon but Phobos, the closest moon to the planet Mars. Phobos is so close to Mars that it is expected to break up and crash into the red planet within the next 100 million years. Earlier just this year, however, ESA's Mars Express mission took detailed images of the area surrounding Phobos' South Pole. Visible on the small moon's unusually dark surface are many circular craters, long chains of craters, and strange streaks. Large Stickney Crater, which looms on the far right, was also visible in the corresponding North Polar image taken last year. This and other similar images of Phobos are so detailed, resolving items even 10-meters across, that they are useful for examining proposed landing sites of the future Phobos-Grunt mission. The Russian Phobos-Grunt robotic spacecraft is scheduled to launch toward Phobos later this year and return surface samples in 2014.

(画像はリンク先を参照)