どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


渦巻き銀河ではどのような環境から星が作られるのだろうか?その答えを探るべく,ハッブル宇宙望遠鏡は近傍にある美しい渦巻き銀河 M51 を赤外線によって撮影した.これによって星形成が活発に行われる高密度ガスに付随した星間ダストの分布を浮かび上がらせることができる.さらにダストからの放射を抜き出すため,(リンク先の画像では)恒星から発せられる可視光の多くをデジタル処理によって取り除いてある.これらの過程を経て完成されたユニークな画像には渦を巻き複雑に絡み合った大規模な構造を見ることができる.一方で,これまではダストに隠されていて見えなかった散開星団がいくつもの輝点の集合となって点在している.画像の上にマウスカーソルを乗せると可視光によって撮影された詳細な画像と比較することができる.性能のいい双眼鏡を持っていれば,誰でもこの渦巻き銀河をりょうけん座 (Canes Venatici) の方向に見ることができる.M51 は地球からおよそ 3000 万光年の距離にある.提示された画像では上から下までだいたい 1 万 5000 光年ほどの距離をカヴァーしていることになる.天文学者たちは,近傍のより小さい銀河との重力相互作用によって M51 の渦巻き構造が形成されたのではないかと推測している.

  • How do spiral galaxies form stars? To help find out, the Hubble Space Telescope imaged the nearby photogenic spiral M51 in infrared light to highlight the dust that traces the dense gas that best forms stars. To further isolate the dust, much of the optical light from stars has also been digitally removed. The resulting unique image shows swirling and intricate patterns on the longest scales, while numerous bright clumps of previously hidden open star clusters appear on the smaller scales. To see the detailed optical light image for comparison, run your cursor over the above image. Anyone with a good pair of binoculars can see the Whirlpool toward the constellation of the Hunting Dogs (Canes Venatici). M51 lies about 30 million light years away, while the above imaged area spans about 15,000 light years from top to bottom. Astronomers speculate that M51's spiral structure is primarily due to its gravitational interaction with a neighboring smaller galaxy.

(画像はリンク先を参照)