どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


(題名は“M78 - 隠された財宝”であるが)M78 は実際に地球の夜空に見ることができない天体というわけではない.M78 はおよそ 1600 光年の距離にあり,星雲豊かなオリオン座のなかに位置している.巨大で明るく輝く散光星雲であり望遠鏡を用いて天体観測を行う人々の間ではよく知られた天体である.この M78 の美しい画像は天文写真コンテスト“the Hiden Treasures 2010”の優勝作品として選ばれた.このコンテストはヨーロッパ南天天文台 (ESO) によって開催され,アマチュア天文学者たちが宇宙の宝石を探すため,ESO のデータアーカイブが提供する画像をデジタル処理して作品に仕上げた.優勝した作品には青みがかった M78 (画像中央) が驚くほどの細部に渡るまで映しだされている.M78 は暗く星間ダストを多量に含んだ星雲に囲まれており,すぐ近くには少し小さな散光星NGC 2071 の姿も見ることができる (画像上部).画像の中央から右下のあたりには,最近発見された変光星雲である McNeil's Nebula が黄色味をおびてコンパクトに輝いている.この画像はチリのラ・シーラ天文台にある口径 2.2 メートルの望遠鏡にて ESO の WFI カメラを用いて撮影されたデータを元にして作成されており,夜空の 0.5 度を超える領域をカヴァーしている.この大きさは推定されている M78 の距離で換算すると 15 光年の長さに相当する.

  • M78 isn't really hiding in planet Earth's night sky. About 1,600 light-years away and nestled in the nebula rich constellation Orion, the large, bright, reflection nebula is well-known to telescopic skygazers. But this gorgeous image of M78 was selected as the winner of the Hidden Treasures 2010 astrophotography competition. Held by the European Southern Observatory (ESO), the competition challenged amateur astronomers to process data from ESO's astronomical archive in search of cosmic gems. The winning entry shows off amazing details within bluish M78 (center) embraced in dark, dusty clouds, along with a smaller reflection nebula in the region, NGC 2071 (top). Yellowish and even more compact, the recently discovered, variable McNeil's Nebula is prominent in the scene below and right of center. Based on data from ESO's WFI camera and 2.2 meter telescope at La Silla, Chile, this image spans just over 0.5 degrees on the sky. That corresponds to 15 light-years at the estimated distance of M78.

(画像はリンク先を参照)