どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


このアーティストのイラストのなかでもイチオシの作品を紹介しよう.NASA が開発した NanoSail-D が非常に薄い 10 メートル四方の光の帆 (reflective sail) を 1 月 20 日に展開した様子を描いたものだ. NanoSail-D は低地球軌道を回るソーラーセイル宇宙船としては初めてものとなる.たびたび SF 世界の代物であると考えられてきたソーラーセイルでの宇宙航行は,400 年前に太陽風によって水星の尾が吹かれる様子を観測した天文学者ヨハネス・ケプラー (Johannes Kepler) によって提案されたものである.近年のソーラーセイル宇宙船は NanoSail-D かあるいは日本の惑星間宇宙船イカロス (IKAROS) のような構造をしており,太陽光による微弱ながら恒常的な圧力を頼りに自らを推進する. NanoSail-D は地球の周囲を周回する際に陽の光を受けてキラリと輝くため,周期的に明るく輝き肉眼で確認することも容易である.実際,天文屋たちは NanoSail-D の写真を撮るコンテストに参加せずにはいられないようだ.これらの写真は 4,5 月に大気圏再突入するまで NASA が NanoSail-D をモニタする際の手助けとなる予定だ.

  • Featured in this artist's illustration, NASA's NanoSail-D finally unfurled a very thin, 10 square meter reflective sail on January 20th, becoming the first solar sail spacecraft in low Earth orbit. Often considered the stuff of science fiction, sailing through space was suggested 400 years ago by astronomer Johannes Kepler who observed comet tails blown by the solar wind. Modern solar sail spacecraft designs, like NanoSail-D or the Japanese interplanetary spacecraft IKAROS, rely on the small but continuous pressure from sunlight itself for thrust. Glinting in the sunlight as it circles planet Earth, the NanoSail-D solar sail will periodically be bright and easily visible to the eye. In fact, skygazers are urged to participate in an ongoing contest to capture images of NanoSail-D. The images will help NASA monitor the satellite before it reenters the atmosphere in April or May.

(画像はリンク先を参照)