どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


赤き惑星の表面に降り立って記念すべき 7 年目,火星探査機オポチュニティ (Oppotunity) は直径 90 メートルのサンタ・マリアクレータの縁近くに到達している.オポチュニティとその相棒のスピリット (Spirit) のもともとの予定が 3 ヶ月間の主要ミッションであったということは驚くに価するだろう.オポチュニティは依然探査活動を続けており,ゴルフカートほどの大きさのロボットとその影 (画像右側) をオポチュニティの現在地点から眺めたパノラマ写真の手前側に見ることができる.このモザイク画像 (合成写真) は探査機のナビゲーションカメラによって撮影された画像をもとに構築された.オポチュニティは 7 周年の記念日に合計 26.7 キロにおよぶ誇るべき横断旅行を火星表面で成し遂げた.サンタ・マリアクレータを探索した後は,管制官オポチュニティエンデュランスクレータへと向けた長い旅へと向かわせる予定である.エンデュランスクレータは直径 22 キロの巨大なクレータであり,サンタ・マリアクレータからは 6 キロほどの距離にある.なお,これからしばらくの間,地球から見て火星が太陽と並ぶ方向に移動してしまうため,探査機との交信はかなり難しくなってしまうだろう.

  • Celebrating 7 years on the surface of the Red Planet, Mars exploration rover Opportunity now stands near the rim of 90 meter wide Santa Maria crater. Remarkably, Opportunity and its fellow rover Spirit were initially intended for a 3 month long primary mission. Still exploring, the golf cart-sized robot and shadow (far right) appear in the foreground of this panoramic view of its current location. The mosaic was constructed using images from the rover's navigation camera. On its 7 year anniversary, Opportunity can boast traversing a total of 26.7 kilometers along the martian surface. After investigating Santa Maria crater, controllers plan to have Opportunity resume a long-term trek toward Endurance crater, a large, 22 kilometer diameter crater about 6 kilometers from Santa Maria. During coming days, communication with the rover will be more difficult as Mars moves close to alignment with the Sun as seen from planet Earth's perspective.

(画像はリンク先を参照)