どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


この "月" それ自体はそれほど有名ではないのだが,この "月" の様相は幾分見覚えがあるかもしれない.そう,このぼこぼこした表面は木星の衛星であるエウロパ (Europa) の一部を表したものだ.このモザイク写真は無人探査機ガリレオが 1995 年から 2003 年に渡る木星周回ミッションの間に撮影したものだ.明るく輝く氷の大地や表面に沿って走る地割れ,氷と泥をからと思われる黒い斑点を画像には見ることができる.影がかかりつつある画像の端のあたりで地形が隆起している様子が顕著にあらわれている.エウロパは地球の月とほぼ同じ大きさを持っているが,はるかになめらかな地形をしており,高台や巨大なクレータはほとんど見ることができない.ガリレオ衛星が取得した観測結果や画像から,氷に覆われた地表の下には液体の海が存在しているのではないかと考えられている.この海に生命が存在しているかどうかを確かめるため,NASA と欧州宇宙機構 (ESA) はエウロパ-木星系探査ミッションの試験的な開発を始めている.探査機は 2020 年に打ち上げられ,木星と特にエウロパのさらなる探査を進める予定だ.もし,表層の氷が十分に薄いことがわかれば,ミッションは潜水ロボットを海に潜らせ生命を探すという段階に進行するだろう.

  • Although the phase of this moon might appear familiar, the moon itself might not. In fact, this gibbous phase shows part of Jupiter's moon Europa. The robot spacecraft Galileo captured this image mosaic during its mission orbiting Jupiter from 1995 - 2003. Visible are plains of bright ice, cracks that run to the horizon, and dark patches that likely contain both ice and dirt. Raised terrain is particularly apparent near the terminator, where it casts shadows. Europa is nearly the same size as Earth's Moon, but much smoother, showing few highlands or large impact craters. Evidence and images from the Galileo spacecraft, indicated that liquid oceans might exist below the icy surface. To test speculation that these seas hold life, NASA and ESA have started preliminary development of the Europa Jupiter System Mission, a spacecraft proposed for launch around 2020 that would further explore Jupiter and in particular Europa. If the surface ice is thin enough, a future mission might drop hydrobots to burrow into the oceans and search for life.

(画像はリンク先を参照)