どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


地球からのプレゼントが到着した.先週,日本は無人宇宙船「こうのとり 2 号機」 (Kounotori2) を打ち上げ,食料などを含んだ必需品を国際宇宙ステーション (ISS) へと運搬した.およそ 1 週間ほど前に日本の種子島宇宙センターから打ち上げられた「こうのとり 2 号機」は先週のおわりに地球低起動に位置する ISS へと到着した.上記の画像には,「こうのとり 2 号機」が ISS に接近,カナダアーム 2 (Canadarm2) を操る宇宙飛行士たちによって確保されハーモニー・モジュールへとドッキングされようとしている様子が描き出されている.ISS の窓から覗いた上記画像には白い雲,青い海,そして様々な色に染まった地形を備えた地球の一片を見ることができる.有人の宇宙船に加えて,今年は合計 10 機の無人宇宙船が ISS へと打ち上げられる.そのなかにはロシア,ヨーロッパ,日本の宇宙船に加えて,合衆国の私企業による宇宙船も含まれる予定だ.

  • The care package from Earth had arrived. Last week, Japan launched the robotic Kounotori2 spacecraft to bring needed supplies, including food, to the International Space Station (ISS). Kountori2 launched from Japan's Tanegashima Space Center a little over a week ago reached the ISS in low Earth late last week. Pictured above, Kountori2 approached the ISS and was about to be grabbed by astronauts with the Canadarm2 and attached to the Harmony Module. In the above picture as seen through a window on the ISS, the limb of the Earth is visible, including white clouds, blue water, and various tan colored landforms. In addition to launches including humans, as many as ten robotic spacecraft may be launched to the space station this year, potentially including spacecraft from Russia, Europe, Japan, and a private company in the USA.

(写真はリンク先を参照)