どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


時として明け方の空は静寂さと超現実的な光景とを合わせ持つことがある.つい先日の日曜日,スイスの東にある雪山の斜面から眺めた日の出前の空はまさにそのような感じであった.景色には雲が一面に漂っており,トリューブバッハ (Trübbach) の街から漏れる光によって下から照らされている.写真の左手上部には雪に覆われたミットラースピッツ山 (Mittlerspitz) がはるかふもとにある街,リヒテンシュタイン (Liechtenstein) のバルザース (Balzers) に覆いかぶさるように堂々と佇んでいる.写真の右側,今まさに顔を出そうとしている太陽のすぐ下にはアルプス山脈の山頂を見ることができる.写真の右上には三日月とともに明るく輝く金星が写されている.金星は明け方の空であれば一年中見ることができるが,このような幻想的なシチュエーションで見かけることははめったに無いだろう.

  • Sometimes a morning sky can be a combination of serene and surreal. Such a sky perhaps existed before sunrise this past Sunday as viewed from a snowy slope in eastern Switzerland. Quiet clouds blanket the above scene, lit from beneath by lights from the village of Trübbach. A snow covered mountain, Mittlerspitz, poses dramatically on the upper left, hovering over the small town of Balzers, Liechtenstein far below. Peaks from the Alps can be seen across the far right, just below the freshly rising Sun. Visible on the upper right are the crescent Moon and the bright planet Venus. Venus will remain in the morning sky all month, although it will likely not be found in such a photogenic setting.

(画像はリンク先を参照)