どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


はくちょう座 (Cygnus) の方向, 2,000 光年の距離にある太陽とよく似た恒星ケプラー 11 (Kepler-11) のまわりには 6 つの世界が周回している.NASA による惑星観測衛星ケプラーによって得られたデータがもたらした発見によって,ケプラー 11 惑星系は系外惑星系として最も深く知られるものとなった.このイラストには私たちの太陽系との比較が描かれている.ケプラー 11 のうち 5 つは水星-太陽間の距離よりも母星に近いところを周回しており, 10 日から 47 日までの軌道周期を持っている. 6 つの惑星はすべて地球よりも大きく,岩石系の物質とガスの混合体で形成されている可能性が高い.これら惑星の存在の証拠や,大きさ,質量は惑星がケプラー 11 の前を横切るさいにケプラー 11 が暗く見える現象を注意深く観測することによって決定された. 2010 年の 8 月にはケプラー望遠鏡はケプラー 11 の惑星が 3 つ同時に母星の前を横切る現象を記録した.昨日の報告されたように,ケプラー計画ではこれまでトランジット法 (transit technique) を用いることによって全天のたった 1/400 の領域に当たる視野において 1200 この系外惑星の候補を同定した.この大変興味深い報告から,私たちの銀河に存在する恒星の周りにはまだたくさんの発見されていない系外惑星が存在しているのではないかと考えられる.

  • Six worlds orbit Kepler-11, a sunlike star 2,000 light-years distant in the constellation Cygnus. The new discovery, based on data from NASA's planet hunting Kepler spacecraft, makes the Kepler-11 system the fullest exoplanetary system known. Compared to our Solar System in this illustration, five of Kepler-11's planets orbit closer to their parent star than the Mercury-Sun distance, with orbital periods ranging from 10 to 47 days. All six are larger than Earth and are likely composed of mixtures of rocky material and gas. Their presence, sizes, and masses have been determined by carefully watching the planets dim the light of Kepler-11 while transiting or crossing in front of the star itself. In fact, in August 2010, Kepler's telescope and camera recorded a simultaneous transit of three of the planets in the system. As announced yesterday, using the transit technique the Kepler mission has now identified over 1200 exoplanet candidates in a field of view that covers only about 1/400th of the sky. The tantalizing result suggests there are many undiscovered planets orbiting the stars in our galaxy.

(画像はリンク先を参照)