どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


宇宙の大海へと漕ぎ出す船のようだ.WISE 宇宙船によって得られたこの衝撃的な赤外線画像にはへびつかい座 (Ophiuchus) ゼータ星が走り出し星間空間に船首波 (bow wave) ならぬ弧状衝撃波 (bow shock) を展開しているさまが描かれている.へびつかい座ゼータ星は太陽よりも 20 倍以上重たい星であり,この擬似カラー写真では青みを帯びて画像の中央付近に佇んでいるが,実は毎秒 24 キロメートルという速さで画像の上方向にむかって進んでいる.ゼータ星の進行方向に吹き出している強力な恒星風はダストを多量に含んだ星間物質を圧縮・加熱しており,前方に弧を描いたショックを形成している.一方でショックの周辺には比較的影響を受けていない星間物質が漂っている.さて,この星の運動はどうやってもたらされたのだろうか?へびつかい座ゼータ星はかつては連星系の片割れであった可能性が高い.伴星はより重たい星であったため寿命が短かった.伴星が超新星爆発を起こしその質量がすべて失われたとき,へびつかい座ゼータ星は連星系から投げ飛ばされたのだ.およそ 460 光年の距離にあるへびつかい座ゼータ星は太陽よりも 6 万 5000 倍ほど明るい.そしてもしも減光を引き起こすダストによって覆われていなかったとしたら全天の中でも飛び抜けて明るい星となっていただろう.WISE によって得られた画像はおよそ 1.5 度をカヴァーしており,推定されているへびつかい座ゼータ星の距離で換算すると 12 光年ほどの領域になる.

  • Like a ship plowing through cosmic seas, runaway star Zeta Ophiuchi produces the arcing interstellar bow wave or bow shock seen in this stunning infrared portrait from the WISE spacecraft. In the false-color view, bluish Zeta Oph, a star about 20 times more massive than the Sun, lies near the center of the frame, moving toward the top at 24 kilometers per second. Its strong stellar wind precedes it, compressing and heating the dusty interstellar material and shaping the curved shock front. Around it are clouds of relatively undisturbed material. What set this star in motion? Zeta Oph was likely once a member of a binary star system, its companion star was more massive and hence shorter lived. When the companion exploded as a supernova catastrophically losing mass, Zeta Oph was flung out of the system. About 460 light-years away, Zeta Oph is 65,000 times more luminous than the Sun and would be one of the brighter stars in the sky if it weren't surrounded by obscuring dust. The WISE image spans about 1.5 degrees or 12 light-years at the estimated distance of Zeta Ophiuchi.

(画像はリンク先を参照)