どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


太陽全体の姿が史上初めて一辺に撮影されている.こんなことが可能になったのは,太陽を周回し観測を続けている 2 基のステレオ (STEREO) 衛星が現在互いに太陽のちょうど反対側に位置しているためである.衛星のうち 1 基はもう 1 基に比べて少し内側の軌道を回っているため,打ち上げられた 2006 年以来 2 基の衛星は期待された通りお互い離れるように宇宙空間を漂い続けている.上記の画像には先週の或る日,太陽全体を完全に捉えることが達成される数日前の太陽ほぼ全体の姿が見たままに写しだされている.先日,中央にある黒い隙間が完全に閉じられ,ステレオは地球から最も近くにある恒星のフル 360 度画像を地球に送信することが出来るようになった.科学的な観点からすると太陽全体の完全な写真は大変多くの意味において有用だ.例えば,急速に進化を遂げるフレア,コロナ質量放出,太陽津波,フィラメント,それらが太陽のどこで起こっていたとしても捉えることが出来る.また,数日間というスパンを持つ黒点 (sunspots) や活動領域を太陽の自転によって見失うことなくモニタリングすることも可能である.ステレオ衛星はこれからも 1 年で 44 度ずつお互い離れ続けるが,太陽の全体写真を提供するために今後数年間に渡って地球上の,あるいは地球近傍の太陽観測装置が彼らの働きを補強する予定である.

  • For the first time, the entire Sun is being imaged all at once. This has become possible because the two STEREO satellites orbiting and monitoring the Sun are now on opposite sides of the Sun. The two satellites have been drifting apart, as expected, since their launch in 2006, since one satellite orbits slightly closer to the Sun than the other. The above image shows nearly the entire Sun as it appeared one day last week, a few days before maximum exposure. Yesterday, the dark gap in the center closed completely, and STEREO was able to beam back to Earth full 360 degree images of the closest star. Full solar images are useful scientifically for a number of reasons, including catching rapidly evolving flares, coronal mass ejections, tsunamis, and filaments, no matter where they occur on the Sun, as well as monitoring days-long sunspots and active regions without losing them as they rotate out of view. Even though the STEREO satellites will continue to drift apart at about 44 degrees per year, Sun-staring instruments on or near the Earth will augment them to provide a full view of the Sun for the next several years.

(画像はリンク先を参照)