どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


どうして雲が様々な色に見えたりするのだろうか?彩雲 (iridescent cloud) として知られる比較的珍しい現象では普段見られない色彩を鮮やかに,言い換えれば光のスペクトル全体を同時に見ることができる.これらの雲はほぼ同じ大きさの小さな水滴から形成されている.太陽がとある特定の位置に存在しほとんどが厚い雲によって隠されているような場合,雲の薄い領域はほぼ一貫したルールに従い陽の光を大きく曲げ,それぞれの色はそれぞれ違った量だけ屈折される.そのため,観測する側にとってそれぞれの色はわずかに異なった方向からやってくることとなる.大抵の雲は最初のうちは彩雲を起こしうる均一さを持っている.だが,すぐに厚くなりすぎてしまったり,混ざり合ってしまったり,あるいは太陽から遠く離れすぎてしまったりして鮮やかな色を見せることはなくなってしまう.画像の彩雲は昨年カナダ北部にあるユーコン準州 (the Yukon Territory),ドーソンシティ (Dawson City) 郊外のトップ・オブ・ザ・ワールド・ハイウェイ (the Top of thw World Highway) から撮られたものである.

  • Why would a cloud appear to be different colors? A relatively rare phenomenon known as iridescent clouds can show unusual colors vividly or a whole spectrum of colors simultaneously. These clouds are formed of small water droplets of nearly uniform size. When the Sun is in the right position and mostly hidden by thick clouds, these thinner clouds significantly diffract sunlight in a nearly coherent manner, with different colors being deflected by different amounts. Therefore, different colors will come to the observer from slightly different directions. Many clouds start with uniform regions that could show iridescence but quickly become too thick, too mixed, or too far from the Sun to exhibit striking colors. This iridescent cloud was photographed last year from the Top of the World Highway outside Dawson City, in the Yukon Territory in Northern Canada.

(画像はリンク先を参照)