どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


この画像は NGC 2174 に見られる星々とガス山との対決の様子である.勝負の行方は?星たちの勝利だ.より正確に描写すれば,新しく形成された大質量星から放出される高エネルギーの輻射と星風によって,自らが形成された黒い星のゆりかごが蒸発・散逸させられているのである.NGC 2174 の構造自体は実際には大気よりもかなり希薄であり,山のように見えているのは偏に比較的少量の星間ダストが光を吸収してしまうためだ.星雲が数多く存在するオリオン座においてはそれほど有名ではないが,NGC 2174 は双眼鏡があれば狩人オリオンの頭のあたりに見ることができる.この天体はおよそ 6,400 光年( 6 京キロ)の距離にあり,ぼんやりと輝く宇宙の雲全体では満月よりも大きな領域に広がっており,若い星々が集う散開星雲をやんわりと包み込んでいる.ハッブル望遠鏡によって得られた上記の画像には,内側の密度の高い領域がたった 3 光年ほどに広がっていることが見てとれる.この画像はもともとは赤色をしている水素原子からの光を緑色で表し,硫黄原子と酸素原子からのひかりを緑色と青色によって強調することによって作られている.これから数百万年の間に,星々は完全なる勝利を収めダストの山はすべて散逸してしまうだろう.

  • It's stars versus gas mountains in NGC 2174 and the stars are winning. More precisely, the energetic light and winds from massive newly formed stars are evaporating and dispersing the dark stellar nurseries in which they formed. The structures of NGC 2174 are actually much thinner than air and only appear as mountains due to relatively small amounts of opaque interstellar dust. A lesser known sight in the nebula-rich constellation Orion, NGC 2174 can be found with binoculars near the head of the celestial hunter. About 6,400 light-years distant, the entire glowing cosmic cloud covers an area larger than the full Moon and surrounds loose open clusters of young stars. The above image from the Hubble Space Telescope shows a dense interior region which spans only about three light years while adopting a color map that portrays otherwise red hydrogen emission in green hues and emphasizes sulfur emission in red and oxygen in blue. Within a few million years, the stars will likely win out completely and the entire dust mountain will be dispersed.

(画像はリンク先を参照)