どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


“Hanny's Voorwerp”,オランダ語で“ Hanny の天体”を表すこの天体は巨大で,私たちの銀河系とほぼ同じ大きさを持っている.この神秘的な天体は,イオン化した酸素原子から発せられる緑がかった光によって強く輝いており,ハッブル宇宙望遠鏡によって得られたこの画像では渦巻銀河 IC 2497 の真下に位置している.両者ともに小さなこじし座 (Leo Minor) の方角にあり太陽系からは 6 億 5000 万光年の距離に存在している.現在では,この緑色の巨大な雲は潮汐力によって撒き散らされた物質の帯が,IC 2497 の中心に存在するクエーサー (quasar) によって照らされている部分を見ているのではないかと考えられている.大質量ブラックホールにによってエネルギーを得ているクエーサーが突然光り輝かなくなってしまった結果,可視光域の望遠鏡で見えるものは銀河と輝く星雲だけになってしまったというわけである.ハッブル望遠鏡による高解像度の画像では星形成領域も Hanny の天体内部,IC2497 側の黄色い部分として見ることが出来る.この領域は銀河中心部から発せられたガスアウトフローによって圧縮されている可能性が高い.この素晴らしく神秘的な天体は 2007 年オランダ人教師ハニー・ファン・アーケル (Hanny van Arkel) によって,オンライン上でギャラクシー・ズー計画 (Galaxy Zoo project) に参加していた最中に発見された.ギャラクシー・ズー計画ではスローン・デジタル・スカイサーベイ (Sloan Digital Sky Survey) やもっと最近ではハッブル望遠鏡による深い撮像イメージにて発見された銀河を分類するために公に協力を募っている.

  • Hanny's Voorwerp, Dutch for "Hanny's Object", is enormous, about the size of our own Milky Way Galaxy. Glowing strongly in the greenish light produced by ionized oxygen atoms, the mysterious voorwerp is below spiral galaxy IC 2497 in this view from the Hubble Space Telescope. Both lie at a distance of some 650 million light-years in the faint constellation Leo Minor. In fact, the enormous green cloud is now suspected to be part of a tidal tail of material illuminated by a quasar inhabiting the center of IC 2497. Powered by a massive black hole, the quasar suddenly turned off, leaving only galaxy and glowing voorwerp visible in telescopes at optical wavelengths. The sharp Hubble image also resolves a star forming region in the voorwerp, seen in yellow on the side near IC 2497. That region was likely compressed by an outflow of gas driven from the galaxy's core. The remarkable mystery object was discovered by Dutch schoolteacher Hanny van Arkel in 2007 while participating online in the Galaxy Zoo project. Galaxy Zoo enlists the public to help classify galaxies found in the Sloan Digital Sky Survey, and more recently in deep Hubble imagery.

(画像はリンク先を参照)