どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


星の色は何によって決まるのだろうか?答えは星の温度である.赤い星は冷たく,その表面温度はおよそ 3000 K (ケルビン) だ.一方,青い星はもっと熱く, 30,000 K を超える温度を有する.我らが愛しき“黄色い”太陽の温度は 6,000 K 程度の優しい温度である.星の色の違いはオリオン座を捉えたこの合成写真において簡単に見ることができる.この画像はステップ・フォーカス技術を星の軌跡に適応した実験において作成されたものだ.この写真には,星が視野の中を左から右へと動いていく軌跡を捉えるためにフォーカスを変えながら撮られた 35 回の連続した露出が重ねあわせられている.最初と最後の撮影においてフォーカスを外すことで中盤の画像ではきちんとフォーカスのあったものになっており,そのため星の軌跡は蝶ネクタイのような形にぼやけている.明るい星に対してはぼやけた部分がより鮮やかな色で写しだされている.画像の左上では,温度の低い赤色超巨星ベテルギウス (Betelgeuse) がオリオン座を形成する他の温度が高く青い星に比べ際立っている.もちろん星ばかりではなくオリオン大星雲も中心より少し下寄りの部分でピンクがかった色合いを見せている.この画像上でもう 1 つ注目すべきなのは,画像の右はじ近くに存在する冷たく深紅色の炭素星であるオリオン座 W 星 (W Orionis) が描くかすかな星の軌跡である.この星の赤い色合いは炭素主体の化学組成によって引き起こされている.

  • What determines a star's color? Its temperature. Red stars are cool, with surface temperatures of around 3,000 kelvins (K), while blue stars are hotter and can have temperatures over 30,000 K. Our own lovely "yellow" Sun's temperature is a comforting 6,000 K. Differences in star colors are particularly easy to see in this intriguing composite view of the constellation Orion, made while experimenting with a star trail step-focus technique. In it, a series of 35 consecutive exposures were combined to produce trails of stars moving left to right through the frame, while changing focus in steps. Beginning and ending with the camera out of focus produced a sharply focused exposure near the middle of the series and blurs the star trails into a bow tie shape. For the brighter stars, blurring produces more saturated colors in the images. At the upper left, Orion's cool red supergiant Betelgeuse stands out from the other, hotter, bluish stars composing the body of the constellation. Not a star at all, the Orion Nebula contributes a pinkish tint below center. Also remarkable in the field, the fainter step focus trail of cool, deep red carbon star W Orionis is near the center right edge, its red hue enhanced by a carbon-rich composition.

(画像はリンク先を参照)