どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


この詳細なモザイク画像はおぼろげな超新星残骸である Simeis 147 を表したものである.画像中の入り組んだフィラメント構造を辿ろうとすれば簡単に迷子になってしまうだろう.おうし座 (Taurus) の方角に見ることができ Sh2-240 としても知られているこの天体は全天のおよそ 3 度(満月 6 個分)の領域に広がっている.この星屑の雲が存在すると考えられている 3,000 光年の距離で換算すると,3 度という角度は 150 光年の広がりに相当する.印象深いこの合成写真は,ガスが衝撃波を受けて輝いている領域を写しだすために,水素原子と酸素原子から発せられる明るい光だけを透過する狭帯域フィルタを通して撮影された画像データを用いて作られている.この超新星残骸の年齢はおよそ 4 万年であると推定されている.すなわち,この大質量星が爆発したときの最初の光は 4 万年前に地球に到達したことになる.しかし,この膨張する超新星残骸は単なる残りカスばかりではない.この破滅的爆発現象は同時に高速回転する中性子星パルサーを遺していった.爆発前の星のコアが置いていった遺留品である.

  • It's easy to get lost following the intricate filaments in this detailed mosaic image of faint supernova remnant Simeis 147. Also cataloged as Sh2-240 and seen towards the constellation Taurus, it covers nearly 3 degrees (6 full moons) on the sky. That corresponds to a width of 150 light-years at the stellar debris cloud's estimated distance of 3,000 light-years. The remarkable composite includes image data taken through narrow-band filters to highlight emission from hydrogen and oxygen atoms tracing regions of shocked, glowing gas. This supernova remnant has an estimated age of about 40,000 years - meaning light from the massive stellar explosion first reached Earth 40,000 years ago. But this expanding remnant is not the only aftermath. The cosmic catastrophe also left behind a spinning neutron star or pulsar, all that remains of the original star's core.

(画像はリンク先を参照)