どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


科学者たちが世界の底に穴を溶かしあけている.実際,南極点付近にはおよそ 100 個ほどの穴があけられており,天文学の観測に用いられている.アイスキューブ・ニュートリノ観測所に所属する天文学者達によってバスケットボールほどの大きさを持った光検出器を携えた長いケーブルがそれぞれの穴の中に降ろされていった.それぞれの穴に入っている水はすぐにまた凍りつく.ケーブルに取り付けられた検出器は周囲を取り囲む純粋な氷から発せられる青い光に反応する.天体や爆発現象から発せられた高エネルギーのニュートリノが氷と衝突することによってこの青い光が生じると期待されている.昨年の暮れには,アイスキューブ観測所が持つ 86 本のケーブルの最後の 1 本が凍てつく奈落へと降ろされた.その様子が上の画像に示されている.これによってアイスキューブ観測所はこれまで製作された中で最も大きなニュートリノ検出設備となった.試験運用でもある AMANDA (Antarctic Muon and Neutrino Detector Array) の結果からはすでに世界初となる高エネルギーニュートリノによる空のマップが作られている.アイスキューブ観測所は宇宙におけるニュートリノ発信源の捜査,近傍の超新星爆発や遠方のガンマ・レイ・バーストに付随したニュートリノの調査を目的としている.また,もし幸運に恵まれればの話だが,余剰次元や超光速航行といった物理における前衛的な理論を検証することも念頭に入れている.

  • Scientists are melting holes in the bottom of the world. In fact, almost 100 holes melted near the South Pole are now being used as astronomical observatories. Astronomers with the IceCube Neutrino Observatory lowered into each vertical lake a long string knotted with basketball-sized light detectors. The water in each hole soon refreezes. The detectors attached to the strings are sensitive to blue light emitted in the surrounding clear ice. Such light is expected from ice collisions with high-energy neutrinos emitted by objects or explosions out in the universe. Late last year, the last of IceCube's 86 strings was lowered into the freezing abyss, pictured above, making IceCube the largest neutrino detector yet created. Data from a preliminary experiment, AMANDA, has already been used to create the first detailed map of the high-energy neutrino sky. Experimental goals of the newer IceCube include a search for cosmic sources of neutrinos, a search for neutrinos coincident with nearby supernova and distant gamma-ray bursts, and, if lucky, a probe of exotic physical concepts such as unseen spatial dimensions and faster-than-light travel.

(画像はリンク先を参照)