どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


どんな名で呼ばれようともバラ星雲は美しいと思わないかい?ニュージェネラルカタログでは NGC 2237 と記載されていても,この華々しく輝く星雲の美しさが損なわれることはないようだ.星雲の内部には NGC 2244 と名付けられた明るく若い星たちが織り成す散開星団が位置している.これらの星々はおよそ 400 万年前にこの星雲の物質から形成された.彼らの星風によって星雲の中心に穴が吹き開けられ,ダストと高温のガスによる層によって外界と絶縁された.星団内の高温の星から発せられる紫外線によって周囲の星雲は光り輝いている.バラ星雲はおよそ 100 光年の距離にわたって広がっており,太陽系からは 5000 光年ほどの距離にある.小さな望遠鏡さえあればいっかくじゅう座 (Monoceros) の方角に見ることが出来るだろう.

  • Would the Rosette Nebula by any other name look as sweet? The bland New General Catalog designation of NGC 2237 doesn't appear to diminish the appearance of this flowery emission nebula. Inside the nebula lies an open cluster of bright young stars designated NGC 2244. These stars formed about four million years ago from the nebular material and their stellar winds are clearing a hole in the nebula's center, insulated by a layer of dust and hot gas. Ultraviolet light from the hot cluster stars causes the surrounding nebula to glow. The Rosette Nebula spans about 100 light-years across, lies about 5000 light-years away, and can be seen with a small telescope towards the constellation of the Unicorn (Monoceros).

(画像はリンク先を参照)