どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


北米に住んでいる人たちではできないことを北アメリカ星雲 (North America Nebula) はやってのけている ― そう,星形成である.星雲内で星がまさに形成されている場所は星雲の濃いダスト雲によってほとんど隠されてしまっており,可視光線では見通すことができない.しかし,スピッツァー宇宙望遠鏡 (Spitzer Space Telescope) の赤外線を用いた観測により,北アメリカ星雲の新たな姿がダストを通して見ることができるようになり,幾千もの星々が新たに作られている様子が明らかになった.赤外線による画像を科学的に色付けされたものが上に示してある.マウスカーソルをその画像に乗せてみよう,同じ領域を可視光線を用いて撮影した画像が比較として現れる(引用した画像はこちらの方です).赤外線によって新たに得られた画像には様々な形成段階にある若い星たちが,ガスやダストによる密度の濃いコアに埋れている段階から円盤を従えてジェットを放出している段階,自らが生まれた繭を完全に吹き払った段階まできちんと捉えられている.北アメリカ星雲 (別名 NGC 7000) はおよそ 50 光年の大きさを持ち,はくちょう座 (Cygnus) の方角に 1,500 光年ほどの距離に存在している.だが,北アメリカ星雲の中で見つかったすべての星のうち,どの大質量星が高エネルギーの光を出し,周囲の水素原子をイオン化させ赤く輝かせているのかについては依然として議論が分かれるところである.

  • The North America Nebula can do what most North Americans cannot -- form stars. Precisely where in the nebula these stars are forming has been mostly obscured by some of the nebula's thick dust that is opaque to visible light. However, a new view of the North America Nebula in infrared light by the orbiting Spitzer Space Telescope has peered through much of the dust and uncovered thousands of newly formed stars. Rolling your cursor over the above scientifically-colored infrared image will bring up a corresponding optical image of the same region for comparison. The new infrared image neatly captures young stars in many stages of formation, from being imbedded in dense knots of gas and dust, to being surrounded by disks and emitted jets, to being clear of their birth cocoons. The North America Nebula (NGC 7000) spans about 50 light years and lies about 1,500 light years away toward the constellation of the Swan (Cygnus). Still, of all the stars known in the North America Nebula, which massive stars emit the energetic light that gives the ionized red glow is still debated.

(画像はリンク先を参照)