どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


我々は未だかつて同じ彗星に 2 回接触したことはなかった.それゆえ,彗星探査機スターダスト・ネクスト (Stardust-NeXT) が今週の始め彗星テンペル第一彗星 (Tempel 1) のそばを通過したことは,人類にとって彗星の核が時間によってどのように変わったのかを観測する初めての機会となった.テンペル第一彗星には 2005 年にそばを通過した彗星探査機ディープ・インパクト (Deep Impact) が打ち出したプロジェクタイルが命中していたこともあり,彗星の核に生じた変化は特に興味深いものであった.上記の画像はスターダスト・ネクストがテンペル第一彗星に最接近したあたりに撮られた画像をデジタル処理によって鮮明にしたものである.クレータや尾根状の構造,滑らかに見える領域など 2005 年に撮られた画像で見られた特徴の多くがこの画像でも確認できる.確かな結論はまだほとんど得られていないが,今後 2,3 年間のうちに彗星と太陽系のなりたちを専門としている天文学者らによってこれらの画像は詳細に研究され,テンペル第一彗星はどのようにして形成されたのか,2005 年の衝突跡はどのようになっているのか,そして概して彗星の姿はどのように進化していくのかといった問いに対する新たな手掛かりが追求されていくだろう.

  • No comet has ever been visited twice before. Therefore, the unprecedented pass of the Stardust-NeXT spacecraft near Comet Tempel 1 earlier this week gave humanity a unique opportunity to see how the nucleus of a comet changes over time. Changes in the nucleus of Comet Tempel 1 were of particular interest because the comet was hit with an impactor from the passing Deep Impact spacecraft in 2005. Pictured above is one digitally sharpened image of Comet Tempel 1 near the closest approach of Stardust-NeXT. Visible are many features imaged in 2005, including craters, ridges, and seemingly smoother areas. Few firm conclusions are yet available, but over the next few years astronomers who specialize in comets and the understanding the early Solar System will be poring over these images looking for new clues as to how Comet Tempel 1 is composed, how the 2005 impact site now appears, and how general features of the comet have evolved.

(画像はリンク先を参照)