どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


先日のバレンタイン・ディにおいて太陽で非常に大規模な爆発現象,クラス X のフレアが発生した.この爆発は現行の太陽の活動周期のなかでも最も規模の大きなものであった.太陽の南半球に存在する AR1158 という活動領域から爆発した今回のフレアがソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリ (Solar Dynamics Observatory; SDO) によって得られた極紫外線画像 (extreme ultraviolet image) にて捉えられている.電磁波の爆発的な照射は SDO に搭載された検出器の画素の許容量を一時的に圧倒し,垂直方向に広がる画像の欠損を引き起こしている.今回のクラス X フレアはおそらくはコロナ質量放出に付随するものである.これは荷電粒子による巨大なガス雲が秒速 900 キロで外向きに吹き出す現象である.高緯度に住んでいる天文マニアの方々はぜひとも今夜はオーロラを見逃さないようにしていただきたい.

  • On Valentine's Day (ET) the Sun unleashed one of its most powerful explosions, an X-class flare. The blast was the largest so far in the new solar cycle. Erupting from active region AR1158 in the Sun's southern hemisphere, the flare is captured here in this extreme ultraviolet image from the Solar Dynamics Observatory (SDO). The intense burst of electromagnetic radiation momentarily overwhelmed pixels in SDO's detectors causing the bright vertical blemish. This X-class flare was also accompanied by a coronal mass ejection (CME), a massive cloud of charged particles traveling outward at nearly 900 kilometers per second. Skywatchers at high latitudes should be alert for aurorae tonight.

(画像はリンク先を参照)