どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


太陽質量程度の星が死ぬことによって宇宙空間に解き放たれる惑星状星雲は,寿命こそ短いものの星の進化の輝かしい最終形態である.ガスからなる羽衣は極めて温度の高い中心の熱源によってイオン化されている.これは核融合のための燃料を使い果たして収縮する星の中心核である.宇宙の暗闇に燦然と輝く惑星状星雲の対称的な構造は極めて美しく,それゆえ惑星状星雲のポスターをつくるという計画が立ち上がることとなった.このポスターには 9 つの惑星状星雲が 3x3 マスの領域に割り振られ比較できるようになっている.惑星状星雲のファンならば当然明るいメシエ天体である M27 - アレイ状星雲,M76 - 小アレイ状星雲,M57 - リング星雲,そして NGC 6543 別名キャッツ・アイ星雲が含まれていることに気がついただろう.もっとマイナーところではクラゲ星雲 (the Medusa) やバグ星雲 (the Bug) (別名,バタフライ星雲)もこのポスターには含まれている.どの画像も狭帯域フィルタによって撮影された高解像度の撮像データから作られており,およそ 20 分角 (1/3 度) の大きさに合わせて表示されている.灰色で示された円はこの縮尺における満月の見かけ大きさを表している.これらの惑星状星雲からは,これから 50 億年のち,中心核が核反応の燃料を使い果たしたとき私たちの太陽に訪れるであろう運命を垣間見ることができる.

  • Cast off by dying sunlike stars, planetary nebulae are a brief but glorious final phase of stellar evolution. The gaseous shrouds are ionized by an extremely hot central source, the shrinking core of a star running out of fuel for nuclear fusion. Shining in the cosmic night, their simple symmetries are fascinating and have inspired this planetary nebula poster project. In it, nine planetaries are displayed for comparison in a 3x3 grid. Of course, planetary nebula fans should be able to pick out the bright Messier objects M27 - the Dumbbell Nebula, M76 - the Little Dumbbell, and M57 - the Ring Nebula, as well as NGC 6543, aka the Cat's Eye Nebula. Lesser known nebulae include the Medusa and the Bug. All the images were made with detailed narrow band data and are shown at the same angular scale, spanning 20 arc minutes (1/3 degree). At that scale, the grey circle represents the apparent size of the Full Moon. These planetary nebulae hint at the fate of our own Sun as its core runs out of nuclear fuel in another 5 billion years.

(画像はリンク先を参照)