どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


たった 4,600 万光年の距離に存在する渦巻銀河 NGC 2841 は北天の星座であるおおぐま座 (Ursa Major) の方角に見ることができる.きらびやかな銀河を捉えたこの鮮明な画像には派手に輝く黄色の中心核と銀河円盤が映し出されている.まばらで擦り切れたような渦巻き腕の内部にはダストレーンやピンク色をした小さい星形成領域,若くて青い星々による星団を見つけることができる.弧を描いた巨大な渦巻き腕と大きく広がった星形成領域を持つ他の渦巻銀河とは対照的である.NGC 2841 の直径は 150 万光年を超え,私たちの天の川銀河よりも遥かに大きいが,ハッブル望遠鏡によって得られたこの接写画像では銀河の内側の領域付近のおよそ 3 万 4 千光年だけを表示している.X 線によって取得された画像からは,銀河風や星の爆発によって高温のガスによるプルームが形成され NGC 2841 のハロー領域に広がっていることが示唆されている.

  • A mere 46 million light-years distant, spiral galaxy NGC 2841 can be found in the northern constellation of Ursa Major. This sharp view of the gorgeous island universe shows off a striking yellow nucleus and galactic disk. Dust lanes, small, pink star-forming regions, and young blue star clusters are embedded in the patchy, tightly wound spiral arms. In contrast, many other spirals exhibit grand, sweeping arms with large star-forming regions. NGC 2841 has a diameter of over 150,000 light-years, even larger than our own Milky Way, but this close-up Hubble image spans about 34,000 light-years along the galaxy's inner region. X-ray images suggest that resulting winds and stellar explosions create plumes of hot gas extending into a halo around NGC 2841.

(画像はリンク先を参照)