どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


これらの雲には一体何が起こったというのだろうか.通常の雲は底面が平らになる.これは湿度を多量に含んだ暖かい空気が上昇し温度が下がると,ある一定の温度において凝結し小さな水滴になるためである.この温度は通常ある“特定の高さ”と言い換えることができる.水滴が形成された空気は雲となり光を通さなくなる.しかしながら,ある状況においては雲の房が大きく発達することがある.そのような雲は大きな水滴や氷の粒を含んでおり,これら粒子は透明な大気へと落ちては消えていく.付近で激しい雷雨が生じており大気が乱れているような場所ではこの雲の房が出現する可能性がある.たとえばかなとこ雲の頂上付近に見ることができる.そのようにして形成された乳房雲は陽の光に横から照らされると極めて劇的な光景を見せてくれる.写真の乳房雲は昨年の 8 月にアメリカ,カルフォルニア州のオリンピック・バレーにて撮影されたものである.

  • What's happened to these clouds? Normal cloud bottoms are flat because moist warm air that rises and cools will condense into water droplets at a very specific temperature, which usually corresponds to a very specific height. After water droplets form that air becomes an opaque cloud. Under some conditions, however, cloud pockets can develop that contain large droplets of water or ice that fall into clear air as they evaporate. Such pockets may occur in turbulent air near a thunderstorm, being seen near the top of an anvil cloud, for example. Resulting mammatus clouds can appear especially dramatic if sunlit from the side. These mammatus clouds were photographed last August over Olympic Valley, California, USA.

(画像はリンク先を参照)