どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


もしも太陽系の中心から眺めたとしたらいったいどんな景色が見られるのだろうか?その答えがつい先日宇宙探査機メッセンジャー号によって得られた.メッセンジャー号は現在,太陽の周りを水星ほどの距離を保ちながら周回している.太陽の周りを回るすべての惑星は輝点として私たちの前に姿を現す.近くに存在する惑星,あるいはサイズの大きな惑星は明るく見える.すべての惑星は同じ方向に太陽を周回しており,惑星たちは空を周回する巨大なひとつの輪の上,すなわち楕円軌道平面にほぼ限定された軌道をとっている.水平方向に圧縮されたこの画像上には水星 (Mercury),金星 (Venus),地球 (Earth),火星 (Mars),木星 (Jupiter),そして土星 (Satur) のすべてを見ることができる.天王星 (Uranus) と海王星 (Neptune) は図示するには暗すぎるため,その位置がタグによって示されている.冥王星 (Pluto) は,最近その惑星としての資質が問われたところではあるが,あまりに暗すぎるため確認することはできない.しかしながら,地球の月と木星ガリレオ衛星たち (Galilean moons) は画像上に確認することができる.上記の画像は 1990 年にボイジャー一号が太陽系の外側から撮影した画像と対になるものである.これまで水星に 3 度接近を試みたメッセンジャー号は来月,太陽系の最も内側の惑星である水星の周回軌道に突入する予定である.

  • If you looked out from the center of the Solar System, what would you see? Nearly such a view was taken recently from the MESSENGER spacecraft currently orbiting the Sun from the distance of Mercury. The Sun's planets all appear as points of light, with the closest and largest planets appearing the brightest. The planets all appear to orbit in the same direction and are (nearly) confined to the same great circle around the sky -- the ecliptic plane. Mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, and Saturn are all visible in the above horizontally compressed image, while the positions of Uranus and Neptune are labeled even though they are too faint to make out. Pluto, which has had its planetary status recently called into question, is much too faint to see. Earth's Moon is visible, however, as are the Galilean moons of Jupiter. The above image is the reverse of one taken from the outside of the Solar System in 1990 by Voyager 1. MESSENGER, which has flown by Mercury three times now, is on schedule to enter orbit around the Solar System's innermost planet next month.

(画像はリンク先を参照)