どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


オリオン大星雲として知られる巨大な星生成領域の南部には青色に明るく輝く散光星NGC 1999 が存在している.この位置はおよそ 1,500 光年の距離に存在する複雑な構造を持つオリオン分子雲の縁にもあたり,NGC 1999 は分子雲に埋もれた変光星であるオリオン座 V300 によって照らされることで輝いている.およそ 10 光年ほどの大きさを切りとったこの銀河の広域写真でに,黒い横向きの T 字を NGC 1999 の中心付近に見ることができる.かつては,この黒い構造は明るく輝く散光星雲を背景にしてシルエットとして見えている光を強く吸収するダスト雲ではないかと考えられていた.しかし,近年の赤外線観測画像からは活発に活動する若い星によって星雲が吹き払われた孔として構造が存在しているではないかと示唆されている.実際この領域にはジェットやアウトフローを放出する活動的な若い星たちで溢れており,明るく輝く衝撃波を作り出している.NGC 1999 の真下には,天文学者ジョージ・ハービッグ (George Herbig) とギイェルモ・アロ (Guillermo Haro) にちなんで名付けられたハービッグ・ハロー天体 (HH) として記録されているショック領域が赤色によって見ることができ,この画像には HH1 と HH2 を確認することができる. 星から発せられるジェットとアウトフローによって星の周囲の物質はおよそ秒速数 100 キロメートルほどスピードで押し広げられている.

  • South of the large star-forming region known as the Orion Nebula, lies bright blue reflection nebula NGC 1999. Also at the edge of the Orion molecular cloud complex some 1,500 light-years distant, NGC 1999's illumination is provided by the embedded variable star V380 Orionis. The nebula is marked with a dark sideways T-shape near center in this broad cosmic vista that spans over 10 light-years. The dark shape was once assumed to be an obscuring dust cloud seen in silhouette against the bright reflection nebula. But recent infrared images indicate the shape is likely a hole blown through the nebula itself by energetic young stars. In fact, this region abounds with energetic young stars producing jets and outflows that create luminous shock waves. Cataloged as Herbig-Haro (HH) objects, named for astronomers George Herbig and Guillermo Haro, the shocks appear bright red in this view that includes HH1 and HH2 just below NGC 1999. The stellar jets and outflows push through the surrounding material at speeds of hundreds of kilometers per second.

(画像はリンク先を参照)