どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


大きなうずまき腕を持つ (grand spiral) 銀河はこの世の全てを手にしたかのような風格を漂わせることがある.弧を描くうずまき腕に沿うように現れる若くて青い星団やピンク色をした星形成領域に目を奪われてしまうことだろう.一方で,小さな不規則銀河 (irregular galaxies) であっても星形成を行っている.例えば NGC 4449 である.この銀河は太陽系からおよそ 1,200 万光年の距離に存在している.大きさは 2 万光年を超えることはなく,度々比較されるように,大きさで言えば天の川銀河の伴銀河である大マゼラン雲 (Large Magellanic Coud; LMC) に似ている.研究の世界ではおなじみの NGC 4449 であるが,ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された目を見張るようなこの“接写”画像は水素原子ガスが存在している証拠となる赤い輝きを強調するように加工されている.この輝きは NGC4449 の持つ広がった星形成領域を映し出している.LMC に存在するものよりもずっと大きな星形成領域も存在しており,その中には短命な大質量性によって吹き払われ宇宙空間に広がる巨大なアーチ構造やバブル構造を見ることができる.NGC 4449 はりょうけん座 (Canes Venatici) の方角に存在する銀河群に含まれており,近傍に存在する銀河との相互作用が NGC 4449 の星形成活動に影響を与えてきたのではないかと考えられている.

  • Grand spiral galaxies often seem to get all the glory. Their young, blue star clusters and pink star forming regions along sweeping spiral arms are guaranteed to attract attention. But small irregular galaxies form stars too, like NGC 4449, about 12 million light-years distant. Less than 20,000 light-years across, the small island universe is similar in size, and often compared to our Milky Way's satellite galaxy, the Large Magellanic Cloud (LMC). This remarkable Hubble Space Telescope close-up of the well-studied galaxy was reprocessed to highlight the telltale reddish glow of hydrogen gas. The glow traces NGC 4449's widespread star forming regions, some even larger than those in the LMC, with enormous interstellar arcs and bubbles blown by short-lived, massive stars. NGC 4449 is a member of a group of galaxies found in the constellation Canes Venatici. Interactions with the nearby galaxies are thought to have influenced star formation in NGC 4449.

(画像はリンク先を参照)