どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


この色鮮やかな宇宙の風景にはおよそ Arp 227 という名前で知られる珍しい銀河の集団を見つけることができる. Arp 227 は太陽系からおよそ 1 億光年の距離に存在している.うお座 (Pisces) の境界付近に漂っている Arp 227 は画像の左側で際立つ 2 つの銀河から構成されている.面白いシェル構造を持った銀河 NGC 474 とその近傍に存在する青色でうずまき腕を持った NGC 470 である.NGC 494 がもつぼんやりと広がった円弧あるいはシェル構造は隣の NGC 470 から重力的に干渉を受けたことで形成された可能性がある.また別の説では,NGC 474 がより小さな銀河と合体した結果,池の表面にさざ波が立つようにしてシェル構造が形成されたとも考えられている.長時間露光によって得られた画像の右側には大きめの銀河である NGC 467 も見ることができ,面白いことにこの銀河もぼんやりとしたシェル構造を伴っている.このシェル構造もやはり他の銀河との相互作用を受けた証拠であると考えられている.この領域には他にも背景に存在する興味深い銀河が散りばめられており,また強いスパイダーを伴った前景の星々も含まれている.この星たちはもちろん天の川銀河の内部に存在している.この眺めは夜空の 25 分角,だいたい 1/2 度の領域を切り取ったものである.

  • This colorful cosmic skyscape features a peculiar system of galaxies cataloged as Arp 227 some 100 million light-years distant. Swimming within the boundaries of the constellation Pisces, Arp 227 consists of the two galaxies prominent on the left; the curious shell galaxy NGC 474 and its blue, spiral-armed neighbor NGC 470. The faint, wide arcs or shells of NGC 474 could have been formed by a gravitational encounter with neighbor NGC 470. Alternately the shells could be caused by a merger with a smaller galaxy producing an effect analogous to ripples across the surface of a pond. Remarkably, the large galaxy on the right hand side of the deep image, NGC 467, appears to be surrounded by faint shells too, evidence of another interacting galaxy system. Intriguing background galaxies are scattered around the field that also includes spiky foreground stars. Of course, those stars lie well within our own Milky Way Galaxy. The field of view spans 25 arc minutes or about 1/2 degree on the sky.

(画像はリンク先を参照)