どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


ビルの合間に浮かんでいるこの物体は一体……?答えは月である.この画像は 2 週間ほど前に満月 ― スノー・ムーン (Snow Moon) ― がカナダのアルバータ州 (Alberta) にあるエドモントン (Edmonton) の空に昇ろうとしたところを撮影したものである.面白いことに遥か彼方にある月と手前にあるビルの見かけの大きさが一致しており,それらが並んでいるさまはとても印象的である.見かけの大きさを小さくするためにビルから遠く離れることがこの画像を撮るために重要なポイントだった.気温は -25 ℃ ととても低く,近くにある石油精製所からは煙がもうもうと立ち上っている.上の画像はこの煙が途切れた一瞬を狙って撮影されたものだ.昇りかけの月が赤く見えるのは夕日が赤いのと同じ理由で,青い光が途中の大気によって優先的に散乱されるためである.この写真では,立ち上る煙が揺らめくことによって月がわずかに歪んでいるように見えている.次の満月 ― ウォーム・ムーン (Worm Moon) ― は 3 月の中頃にやってくる.

  • What's hovering between those buildings? The Moon. The above image was taken two weeks ago as the full Snow Moon started to rise above Edmonton, Alberta, Canada. The odd coincidence between the angular size of the far distant Moon and the angular width of nearby buildings created a striking juxtaposition. Backing away from the buildings so to reduce their angular size was a key to planning the image. The temperature was so low, -25 C, that plumes of steam rose from neighboring oil refineries. The above image was taken during a momentary break in the plumes. The rising Moon appears red here for the same reason that a setting Sun appears red -- because blue light is preferentially scattered away by intervening air. In this case, the shimmering steam plumes likely also caused the Moon to appear slightly compressed. The next full moon, the full Worm Moon, will occur in mid-March.

(画像はリンク先を参照)