どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD


宇宙ステーションの外側で一体何が始まったのか?これはスペースシャトルとちょうどドッキングしたところである.スペースシャトルディスカバリー号 (Discovery) が国際宇宙ステーション (International Space Station; ISS) に向けて打ち上げられ 6 人の乗組員とレオナルド・多目的補給モジュール (Leonardo Multi Purpose Logistics Module) をもたらしたのは 5 年前のことであった.上の画像に描かれているのは 3 日前に到着したスペースシャトルがカナダアーム 2 (Canadaarm2) を携えた宇宙ステーションロボット,デクスター (Dextre) を下ろすための準備をしているところである.だが,この見晴らしの良い画像が映し出しているのはそればかりではない.画像の右下には日本によるきぼう実験棟 (Kibo Experiment Module) を見ることができ,写真の上端には地球が顔を出している.さらには遥か彼方の宇宙がほぼ星のない背景として写りこんでいる.来週のうちに ISS の乗組員はレオナルドモジュールを取り付け,ISS の修理と改修をする予定である.これまでの計 38 回の航海を経て,今回の運用がスペースシャトルディスカバリー号の最後のミッションとなる.

  • What's happening outside the space station? A space shuttle has docked. Five days ago, the space shuttle Discovery was launched to the International Space Station, carrying six crew members and the large Leonardo Multi Purpose Logistics Module. Three days ago, as pictured above, the docked shuttle was prepared to be unloaded by the space stations Dextre robot and Canadarm2. The above expansive photo captures much more, however, including Japan's Kibo Experiment Module on the lower right, Earth across the top of the frame, and a seemingly starless backdrop of space in the distance. During the next week, the shuttle and ISS crews are scheduled to permanently attach Leonardo as well as fix and upgrade parts of the ISS. After 38 previous voyages, this is expected to be the last space mission for the Space Shuttle Discovery.

(画像はリンク先を参照)